冷え性を内側から治す!おすすめの成分とサプリ

冬は体が冷えるのは当たり前だから気にならなかったけど、少しずつ温かくなってきたのにまだ冷える…こんなお悩みはありませんか?

冷え性の人は季節に関係なく手足が冷えてしまう体質。手足が冷えていると思うように体を動かせませんし、血行が悪いことで肌が青白く見えるため見た目も気になりますよね。

では冷え性特有のこれらの悩み、手軽に摂取できるサプリメントで治すことはできるのでしょうか?

冷え性がツラい…サプリで治せるの?

サプリメントはいろいろな成分が配合されている錠剤やタブレット型の飲み物。いろいろな成分が含まれているなら、冷え性によく効きそうなものを選んで飲んでいれば治るのかな?と期待してしまいますよね。

確かにサプリメントには冷えた体を温めることをサポートするものがいくつもあります。それを飲めば冷えが和らぎ、飲む前に比べてからだが温まっていることを実感できるでしょう。

ただサプリメントはあくまで予防目的で飲むもの。冷えがとてもひどく、暑い時期になっても体が冷えてとにかく青白い…。冷えの症状が他の人より強いと感じるのであれば、サプリだけで改善することは難しいと言えます。

冷えの症状が軽~中程度の人にサプリがおすすめ!

冷えの症状がひどい人は血行を良くするマッサージを受けたり、体を温める食材を積極的に食べる、熱を逃がさないような服装を心がけるなどの工夫が必要。それに加えてサプリメントを飲んでいれば、少しずつ冷え症状が和らいでくるかもしれません。

冷えの症状がまだそこまで酷くないのであれば、まずはサプリメントを毎日飲んでみましょう。

症状を実感したら早め早めに飲んでおくことで、症状の悪化を防げるかもしれませんよ。

サプリで治すなら成分に注目!

冷えの症状のためにサプリメントを飲むなら、やはり配合されている成分に注目しておきたいところ。配合成分によって体にどんな効能が期待出来るかがわかります。

体を温める作用がないものを飲んでも意味がありません。では体を温めてくれる成分というのはどんなものなのか?いくつか見ていきましょう。

ビタミンE

ビタミン類の一つであるビタミンEは、体の老化ケアをする働きがあると言われています。体の老化ケアの一環に血行を良くするという働きがありますので、冷えのケア効果が期待できますね。

ビタミンEはさつまいもやほうれん草などに含まれていますが、サプリメントでも摂取できます。ビタミンEが含まれる食品をあまり食事で出さない場合はビタミンEのサプリを飲みましょう。

タンパク質

人が健康的に生きていくために欠かせないタンパク質。タンパク質の中に必須アミノ酸というものがあり、この必須アミノ酸は体内で作り出すことができません。そのため体外から摂取する必要があるんです。

必須アミノ酸の働きとしては体温の調節、自律神経のコントロールというものがあります。自律神経がみだれていると、様々な不快症状が起こり、その中に体温の低下もありますので冷えに繋がってしまうんです。

これは普段の生活習慣の乱れからも起きやすくなりますので、夜更かしせずに日付が変わる前には眠るようにしておきたいですね。

ビタミンB1・2

冷えにくい体を作り出すにはエネルギーが不可欠。食べた栄養素は体の中でさまざまなエネルギーに変換されますが、この変換に必要なのがビタミンB1とB2です。

この二つがしっかりと体内にあれば食べたものを効率よくエネルギーに変えるため余計なものが溜まらない体に。しかし不足することでエネルギーに変換できず、余分なものが体内に蓄積してしまうため肥満の原因にもなりかねません。

ビタミンB類も食品に多く含まれていますし、ビタミンB群がたくさん入ったサプリメントもありますので、食品かサプリで毎日摂取するようにしましょう。

アリシン

野菜のねぎは独特の香りがしますよね。これはアリシンという成分が含まれているから。この香りが苦手な人もいるかもしれませんが、アリシンには血行を良くする作用があるとされていますので、ネギを食べることも冷え対策に繋がるかもしれません。

ネギはそのまま食べるとあまりおいしくありませんが、みそ汁などの汁物に入れたり、そうめんやうどんの薬味として使うこともおすすめです。

ショウガジオール

冷え対策としてとても有名な生姜。生姜を摂取すると体がじんわりと温かくなるので、冬場は積極的に摂取しておきたい食品の一つです。

この理由は生姜にショウガジオールという成分が含まれているから。ショウガジオールには発汗作用があるとされており、体を温めて発汗を促すことで冷えている体の体温を徐々に上げてくれるんです。

生姜は活用方法がたくさんあります。煮物や炒め物のアクセントとして入れてもおいしいですし、ネギのようにそうめんなどの薬味に使うこともおすすめ。

また紅茶やお茶などに入れてもおいしいので、好きな方法で毎日摂取するようにしましょう。

ヘスペリジン

みかんなどの柑橘類に含まれるヘスペリジンは、血行を良くする、冷え症状を緩和するなどの作用があると言われています。血行を良くすることで体全体がポカポカと温まってきますので、冷え症状も少しずつ和らいでいくでしょう。

みかんが冷え対策になると言われる理由は、このヘスペリジンにあったんですね。

冷え性におすすめ!飲んでほしいサプリメント5選

ひえにおすすめの成分はいくつもありますが、それらすべてを食事から摂取することは大変。頑張って取り入れるようにしているけどまだ症状が緩和されない…そんな人はサプリメントに頼りましょう。ここでおすすめの5つのサプリを紹介していきますので、気になるものを使ってみてくださいね。

ヒハツエキスと生姜オイル

  • 価格:1230円(楽天価格)
  • 容量:60粒

体を温める成分としてヒハツ・ショウガオイル・米油の3つが含まれているサプリメント。

ヒハツは香辛料の一種で、ピペリンという成分が含まれています。ピペリンには体の巡りをサポートする作用があるあので、巡りにくい体を改善してポカポカの状態に。

生姜オイルは先述したように体を温める作用があり、米油にはビタミンEが含まれています。

3つの成分が体の冷えを緩和し、温まりやすい体へと導いてくれるでしょう。

\ヒハツエキスと生姜オイルを詳しく見てみる/

DHC 濃縮金時ショウガ+濃縮黒酢

  • 価格:1852円
  • 容量:60粒

発汗作用と体を温める作用を持つ生姜成分を贅沢に配合したサプリメント。

濃縮金時生姜、金時生姜末に加え、ヒハツエキス末も入っているからポカポカをしっかりサポートしてくれます。さらにこちらのサプリメントは体を温める作用だけでなく、一緒に美容もサポートしてくれるんです。

濃縮黒酢は体の健康と美容に働きかける力があるとされていますので、血行を改善しつつ、ツヤツヤの若々しい肌になれるよう手助けしてくれるでしょう。

\DHC 濃縮金時ショウガ+濃縮黒酢を詳しく見てみる/

めぐり

  • 価格:3132円
  • 容量:15包

医師が監修しているサプリメントのめぐり。植物由来の原料をメインに配合し、生姜やヒハツなどのポカポカ成分をたっぷりと配合しています。

そのほかにも発汗を促す桂皮、体を温める蘇葉なども配合。医師が監修しているだけあって原料にもこだわりが満載。体を温める作用のあるものを中心に含んでいますので、冷え症状が強い人にもおすすめできます。

\めぐりを詳しく見てみる/

金時しょうが 粉末

  • 価格:1512円(楽天価格)
  • 容量:120g

こちらはサプリメントではなく、生姜の粉末になります。金時生姜をたっぷりと配合しているのですが、原料にこだわりが詰まっています。

原料である金時生姜は無農薬で作られている無添加食材。余計なものを使っていない生姜の粉末だから、安心して飲めるという嬉しいメリットがあります。

金時生姜にはショウガジオールなどの体を温める作用がある成分が大量に含まれているため、粉末を摂取することで体のポカポカをサポート。さらに女性の美容をサポートするために黒糖も含まれているので、健康と美容どちらにも働きかけてくれます。

お茶などに入れて飲むものですが、生姜のみの粉末だとあまりおいしくない…という人も多いかと思います。こちらの粉末には低カロリーのオリゴ糖も含まれているので、砂糖を足さなくても充分美味しいジンジャーティーが作れますよ。

\金時しょうが 粉末を詳しく見てみる/

noi モノグルコシルヘスペリジン  金時生姜 + 9種

  • 価格:1620円
  • 容量:56粒

体を温める成分がたくさん詰まっている金時生姜の他、ポカポカサポートをする9つの成分をプラスしたサプリメントです。

ヒハツ・桂皮・カプサイシンといった血行を促す成分、ビタミンBやビタミンCなどの健康的な体に欠かせない成分を配合。さらにミカン由来のモノグルコシルヘスペリジンが含まれているから、体の冷えに働きかける成分が贅沢に詰め込まれているんです。

モノグルコシルヘスペリジンは寒いところにいるときに、末端の血行を良く保つ作用があるという報告がされています。そのため冬場であっても血行が悪くならず、体が常に温かい状態でいられるんですね。

ポカポカ成分として長く知られている成分だけでなく、話題の成分も含まれている贅沢なサプリメントです。

\noi モノグルコシルヘスペリジン  金時生姜 + 9種を詳しく見てみる/

サプリっていつ飲めばいいの?

サプリメントを飲むときに気にする人が多いのがサプリを飲む時間。サプリって薬ってわけじゃないし、食後でも食前でも飲んでいいの?と疑問に思いますよね。

サプリは飲む時間が決められていません。つまり一日のうち、どの時間に飲んでもOKということ。

どの時間がいいのか知りたい!という人は、食後に飲むようにしましょう。食後はたべたものを消化しているときなので、その時に一緒にサプリを飲めば効率よく消化されて成分が体のすみずみにまで行き渡るでしょう。

しかしサプリメントで大事になるのが飲む時間でなく、毎日忘れずに摂取することです。食後に飲んだ方が毎日絶対飲み忘れない!というのであれば食後に飲むことがおすすめですが、他の時間の方が忘れずに飲めるかも…という場合はその時間帯に飲むことがおすすめ。

毎日忘れずに飲むことで、サプリメントの成分を毎日あたえることができるため、飲み忘れに注意しておいてくださいね。

サプリメントで温まりやすい体に♪

サプリメントはいろいろなものがありますが、冷えの改善にはやはり体を温める作用がたくさん含まれているものを飲むことが一番

気になるサプリメントを見つけたら、体を温める成分がたくさん含まれているかをチェックしてみましょう。よくわからない場合はここで紹介した成分を参考に探してみてくださいね。

サプリメントを飲みつつ、体を温める食事や服装を心がけることで冷えを感じにくい体へと変わっていきます。血行が良くなることは美容にも健康にも良いので、冷えを改善して元気で若々しい姿を手に入れましょう。