冷え性を改善する飲み物おすすめ

体が冷えた時、どこか暖かい部屋に入りたくなりますよね。寒い室外にいては体は冷える一方なので、暖かい部屋に入って芯から温まりたいものです。

でも暖かい部屋に入ったからと言ってすぐには体の芯からは温まらない…そんな時は温かい飲み物を飲むことで芯から温まることができます。

温かければどんなものでも良いと思えるかもしれませんが、実は飲み物は何を飲むかによって体が思うように暖まらないこともあるんです。

ここでは体を温めるために飲んでおきたい飲み物について紹介していきます!寒い時期に特に飲んでおきたい飲み物が満載なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

体を温めるのに飲み物って有効なの?

体を温めるために飲み物を飲むというのは誰でも実践したことがあると思います。しかし先ほども言ったように、飲み物の種類によっては体を冷やす恐れがあるので、本当に冷えている時は体を温めてくれる飲み物を飲んでおきたいところ。

ではどんな飲み物が有効なのかを見ていきましょう。

お茶で体を温める

まずはお茶。お茶は自販機でもコンビニでもどこでも買うことができますし、寒くなってくると自販機にもホットのものが増えてくるので、季節に関係なく温かいものをすぐに手に入れられます。

また自宅に茶葉があれば、それを使って暖かいお茶を作ることもできます。茶葉もスーパーやコンビニですぐに手に入れることができますよ。

温かいお茶は体を芯から温めてくれますが、気になるのがどのお茶でも良いのかということ。お茶にはウーロン茶・麦茶・緑茶・ハトムギ茶など、たくさんの種類があるからです。

体を温めてくれるお茶の種類としては…

  • ウーロン茶
  • ほうじ茶
  • ジャスミン茶

次に体を冷やしてしまうお茶の種類としては…

  • 緑茶
  • ハトムギ茶

となっています。

お茶は種類によって味が異なるので、もしかしたら体を冷やす飲み物の方が好みだった…という人もいるかもしれません。

体を冷やしてしまう飲み物はあまりおすすめできませんが、どうしても飲みたいなら必ずホットで飲むこと、そして飲み過ぎないように注意しましょう。

ちなみに日本で古くから飲まれている麦茶ですが、こちらも飲み方に注意することと飲み過ぎないことを注意すれば体にいい影響を与えてくれます。

体が冷えている時に冷たい飲み物を飲む人は少ないかと思いますが、どのお茶にしても必ずホットで飲むようにしましょう。

紅茶で体を温める

日本茶よりも洋風のお茶が好きという人は、紅茶を良く飲まれているのではないでしょうか?最近は紅茶を飲むことでインフルエンザ予防にもなるなんて声もあるので、健康のために毎日飲むようにしている人もいると思います。

紅茶は体を温める作用があるといわれています。その理由は茶葉にあります。紅茶の茶葉は発酵させたものなのですが、発酵させる時に発生する酵素は身体の血液をサラサラにする作用があるようです。

血液がサラサラになることで全身に血液が行き渡りやすくなるので、これによって体も温まるんですね。

ただこの紅茶も飲み方によっては体が冷えてしまう、または温まる効果が半減するようです。

ホットティーであることは大前提ですが、それに加えて砂糖・ミルクを加えないことがポイント。この二つはストレートティーと相性抜群ですが、加えることで紅茶の効果が薄くなってしまうといわれています。

先ほど紹介したインフルエンザ予防にしても、ミルクを入れると予防にはならないようですね。

そのためストレートで飲むことが最もおススメですが、何かアクセントが欲しいという時はレモンや生姜をプラスしてみましょう。

ほうじ茶で体を温める

先ほどお茶の項目で紹介しましたが、ほうじ茶は体を温める効果があります。でもほうじ茶ってなに?と思われた方も実は多いのではないでしょうか?

ほうじ茶は茶葉に関してはコンビニでも見かけますが、既製品はあまり見かけません。ペットボトルでも販売されていますが、見たことがない人も多いかもしれませんね。

ほうじ茶とは日本のお茶で、緑茶の一種です。茶葉を焙煎しているため、緑茶の一種であっても味も作用も緑茶とは異なります。

ほうじ茶は良い香りがするのですが、このいい香りの正体は茶葉を焙煎する時にできるピラジンという成分。

ピラジンには血の巡りを促す作用があるといわれているため、これによって体がポカポカと温まってくるんです。

味もクセがなく飲みやすいので、クセのある味が苦手という人でも飲みやすくなっています。

ココアで体を温める

冬の寒い時期にココアが思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか?温かいココアを飲めば体が温まりますし、なんだかホッとするのでリラックスタイムにも最適な飲み物ですよね。

ココアにはカカオが含まれており、そのカカオにはポリフェノールという成分が含まれています。ポリフェノールは抗酸化作用を持っているとも言われているので、体や肌の老化が気になる人は一度は聞いたことがあるかもしれません。

このポリフェノールには抗酸化作用の他、代謝を活発にするという働きもあります。代謝を活発にすることで体内の熱エネルギーの生産量を上げることができますので、徐々に芯から温まっていくんですね。

ルイボスティーで体を温める

妊娠中の人はルイボスティーという名前を聞いたことがありませんか?ルイボスティーとはカフェインレスの紅茶・お茶のことです。緑茶やアールグレイ・セイロンなどの種類がある紅茶にはカフェインが少なからず入っていますが、ルイボスティーはカフェインが入っていないので妊娠中の人でも気軽にお茶が楽しめます。

ルイボスティーには強い抗酸化作用があるといわれています。この抗酸化作用、体内に発生している老化の原因、活性酸素と戦ってくれるんです。

活性酸素が多いと体の老化を招くことから体温も下がってしまうようですが、活性酸素が減少することで体が若々しくなり、体温も上がるとされています。

またカフェインは体を冷やしてしまうとも言われているので、これが入っていないこともルイボスティーが体を温めてくれる理由の一つ。

妊娠しているわけじゃないけど冷え性…という人はルイボスティーを飲んでみましょう。

シナモンで体を温める

シナモンと言えばスイーツにも含まれているものが多いですし、最近はシナモンを入れた紅茶・お茶も販売されていますね。カフェにはシナモン入りの紅茶が置いてあるところもありますので、シナモンが好きでよく飲んでいるという人も多いでしょう。

シナモンも体を温めるために摂取しておきたいおすすめのもの。なぜかというと、シナモンを摂取することで血液が血管から漏れることを防ぎ、貧血状態を防ぐことができるからです。

血管は内側と外側の二つがくっついているのですが、活性酸素などによって血管がダメージを受けると2つが離れてしまいます。離れた部分から血管内の血液が漏れ出してしまい、これによって貧血状態に陥る恐れが。

シナモンはこの二つをくっつかせる作用があるといわれているので、血液の漏れを防ぐことができます。血液がしっかりとあることで体内に血が巡り、体がポカポカと温まりやすくなるんですね。

ヨモギ茶で体を温める

よもぎという草を聞いたことがある人は多いと思います。よもぎは雑草に分類され、日本のどこにでも生えているものです。つまりどこにいても手に入るということ。

このよもぎ、古来から日本で親しまれている草の一つです。ヨモギもちなどの食品に使われていることもありますし、ヨモギ茶もよく聞く名前ですね。

ではなぜヨモギが良いのか?これはヨモギが血の巡りをよくして体を温める作用があるとされているからです。

ヨモギ自体に体を温める作用があり、さらにヨモギが入ったものを温かい状態で摂取することで、より高い温効果が感じられるのですね。

食事で体の体温は上下する?

食事は生きていくために欠かせないものです。毎日いろいろなものを食べると思いますが、冷え性の人は飲み物だけでなく、食事にも気を遣いたいところ。

では冷え性の人が食事で気を付けるべきポイントはどんなことなのかを見ていきましょう。

冷え性は積極的に温かいものを食べるようにしよう

冷え性の人は季節に関係なく、極力温かい食事を食べるようにしましょう。

体を温める食材を使った料理でも、それが冷えていると食材の効果が実感できません。温かい状態で食べることによって体が温まってくるので、冷えた食事は避けましょう。

また食材は体を温めるものもあれば冷やすものもありますので、体を冷やすものはできるだけ食べないことも大切。ただそうなると栄養バランスが偏る恐れもありますので、体を冷やすといわれている食材は加熱して温かい状態で食べてくださいね。

忙しくても朝食を抜かないようにする

仕事で忙しい人は夜の帰りは遅く、朝はギリギリまで寝ているという人も多いでしょう。朝がギリギリだと朝ごはんを食べる暇もないので、どうしても朝食抜きになりがち。忙しいから仕方がないとは言っても、冷え性の人はできるだけ朝食は食べておくことがおすすめです。

朝食を食べることで自律神経が整うということもありますが、朝起きてから人は夜までエネルギーを消費しながら活動します。この活動には体内でエネルギーを生産する必要がありますが、朝食をしっかり食べておかないとエネルギーが中々作られません。

体を温める熱エネルギーも生み出されないので、体が中々温まらない・エネルギー不足で元気に動けないといったことが起きてくるんです。

できればしっかりと食べることが理想ですが、時間がない場合は軽食でも良いのできちんと食べる習慣を付けましょう。

女性は特に要注意!ダイエットが招く冷え性

女性は細く引き締まった体に憧れるもの。そんな体型を維持する、またはそんな体型に近づくために常日頃からダイエットをしている人も多くいます。

しかしこのダイエットによって冷え性になる、冷え性の症状が強くなるということも。ではなぜダイエットによって冷えが強くなってしまうのかを見ていきましょう。

女性は元々体温が低い傾向にある

女性は男性と体の構造が大きく異なります。男性は筋肉が程よくあり、さらに筋肉を維持しやすい性質。女性は筋肉が付きにくく、筋肉を付けたとしても女性らしい体を保つために脂肪の方がつきやすい性質と言われています。

筋肉には体を温めるための熱エネルギーを生成する作用があるのですが、女性は元々筋肉量が少ないことから熱エネルギーも作られにくくなっています。

このことから女性は男性に比べて元々体が冷えやすいといえるのです。

食事制限をすることで体温が低くなる

元々体温が低いうえにさらに食事制限をすることで、さらに体は冷えやすくなります。筋肉量が少なくても毎日栄養をしっかりと摂っていれば、体内で熱エネルギーを作り出すことは可能です。

ただダイエットをしている時はどうしても食事制限をしなければいけませんよね。食事制限をすることで必要な栄養が不足している、または食事量が少なすぎることで熱エネルギーの生産が上手くいかず、体がどんどん冷えてしまうのです。

痩せたいからと言って過度な食事制限をすることは禁物です。冷えた体についている脂肪は燃えにくいため、体が冷えているとダイエットをしても中々痩せないので注意してくださいね。

冷えを改善するために気を付けたい食事のポイント

体の冷えを改善したいのであれば、暖かい飲み物を積極的に飲む以外にも注意しておきたいポイントがあります。ここでは毎日欠かせない食事について、気を付けておきたい点を紹介していきましょう。

タンパク質を多めに摂る

先ほど女性は筋肉量が少ないことで冷えやすくなるとお話ししました。筋肉量は運動や筋トレをすることで増やすことができますが、筋肉を形成するたんぱく質を摂取することも大切。タンパク質を多めに摂って筋肉量を増やすことで、熱エネルギーが生まれやすい体を作ることができるんですね。

タンパク質と言えば肉類に多く含まれています。ダイエット中だから肉類はちょっと…という人も、低カロリーのササミ肉などを食べるようにしましょう。筋肉がなければ体はどんどん冷え、さらにその冷えによって太りやすい体が出来上がるという悪循環に陥ってしまいますよ。

発酵食品を食べる

体を温めるために発酵食品を食べることもおすすめ。発酵食品には代謝を促す作用があるといわれているので、代謝を促して体を温める作用が期待できます。

発酵食品にはいろいろとありますが、毎日摂りいれやすいのが味噌や納豆。味噌は毎日味噌汁を作れば摂取することができますし、納豆は嫌いでなければご飯のお供になります。納豆が嫌いな人はつけものを食べることもおすすめです。

チーズやヨーグルトも発酵食品なので、好きな物があればそれを積極的に食べるようにしましょう。

お酒が好きな人は日本酒もおすすめです。日本酒も発酵して作られるお酒なので、体を温める作用が期待できます。

体を温める調味料を加える

毎日の料理のさい、何らかの味付けを施すと思います。味付けの時に体を温める調味料を加えることもおすすめです。

例えば醤油。醤油は発酵食品に分類されるため、これを調味料として使うことで発酵食品のパワーも得ることができます。

そのほかにも唐辛子やこしょう、しょうがやニンニク、山椒といったものも体を温める作用があるといわれています。好みの味付けがあると思うので、好みに近い調味料を摂りいれましょう。

温かい、または常温の飲み物を飲む

季節に関係なく、自宅では冷たいものを飲むという人も多いかと思います。冬は外に出れば温かいものを買えるのでいいのですが、自宅で温かいものを飲むとなるとお湯を沸かしたりと面倒な手間があるからです。

しかし季節を問わず、できれば温かいものか常温のものを飲むことがおすすめ。冷え性の人は夏でも冷えている可能性が高いため、冷えた体に冷えた飲み物を入れることでさらに体が冷えてしまうからです。

暑い時期は常温のもの、寒い時期は温かいものを極力摂るようにしましょう。毎日何気なく飲んでいる飲み物でも体の温度は左右されるので、この点も気を付けるようにしてくださいね。

暖かい飲み物で体の芯から温まろう

体を温めてくれる飲み物について紹介してきましたが、意外に種類が多いと思いませんでしたか?たくさんの種類があれば何か一つは飲めるものが見つかると思うので、飲めるものを毎日飲むようにしましょう。もちろん飲むときは温かいか常温で飲んでくださいね。

飲み物だけで冷えが改善できるとは言えませんが、体を冷やさないために実践したい事の一つです。好きな飲み物で温活を始めてみてくださいね