冷え症におすすめの漢方とは

冷え性を改善するには漢方の力を借りることもおすすめです。

 

漢方は色々な病気への効果が期待できますが、冷えの改善作用を持つ漢方もありますので、冷えを実感している人は漢方で体の内側からアプローチしても良いかもしれません。

 

冷え性の症状にはいくつかあり、その症状によっておすすめの漢方も異なります。

血液の巡りがわるく、全身に熱を届けにくくなっている場合には
・当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)
・温経湯(うんけいとう)・加味逍遙散(かみしょうようさん)
・当帰薬散(とうきしゃくやくさん)
などの漢方がおすすめです。

 

体が疲れていて、全身にエネルギーを送ることができずに冷えている場合は
・十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)
・人参養栄湯(にんじんようえいとう)
などの漢方がおすすめです。

 

体に水分がたっぷりあり、浮腫みが起きやすくなっている場合は
・苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)
・当帰薬散(とうきしゃくやくさん)
などの漢方がおすすめです。

 

そして、冷え性でお悩みの女性に実は多いのが生理不順やホルモンバランスの乱れです。

冷え性は血流が悪くなることでおき、そこから生理不順ともなってしまうのです。でも、漢方を上手に使いながら生理不順を改善していく方法もありますのでこちらのサイトでよい改善策を見つけるのもおすすめです!

冷え性生理不順

 

また、健康な身体を維持していくには自律神経を整えていくことも必要なのです!自律神経は目に見えるものではないからこそ、日ごろから気をつけていくことが健康への近道なのです!

自律神経にもおすすめの漢方はあります。こちらのサイトで詳しくご紹介しています。

自律神経失調症

このように症状によっておすすめの漢方は異なります。
自分はこの症状に近いと思える漢方を服用してみましょう。
よくわからない場合は、薬局やドラッグストアで薬剤師に相談して、おすすめの漢方を教えてもらっても良いですね。

 

 

冷えの改善には内側からのケアも非常に大切なので、内側からのケアには漢方を服用してみましょう。