低体温は痩せない?ダイエットの意外な関係とは

平熱が35度台という女性も多いのではないでしょうか?

 

体が冷えている冷え性を常に実感している人は、低体温かもしれません。
低体温夏場でも冷えを実感することが多いので、季節を問わずに冷え性を実感することもあるのです。

 

冷え性にとって良いことはありません
基本的には36度台の平熱が安定しているので、平熱が35度台の人は冷え性を改善し、体を温めることを考えましょう。

 

低体温の原因は血流が悪いことが考えられます。
血流が悪いと体全体に血が巡りにくくなるので、このことで低体温になってしまうのです。

 

血行が良い体は体全体が温かくなっているので、健康的な状態だといえます。
そのため血行が良い人は平熱を36度台に保てているでしょう。

 

健康的な状態であれば代謝も良いのでダイエットに成功しやすいといえます。
しかし逆に低体温の人は代謝が低くなっているので、ダイエットが上手くいかない痩せないという恐れがあります。

 

痩せない女性が多いのはもしかしたら低体温が理由かもしれません。
体が冷えると体全体の機能が下がり、代謝も悪くなります。

 

代謝が悪くなるとしっかり運動をしても脂肪をエネルギーに変えることができませんし、脂肪を排出することも難しくなり痩せない・・となってしまいます。

 

 

しっかり運動した分の恩恵が受けられないので、ダイエットに失敗し痩せないと感じてしまうのです。
ダイエット成功させるには代謝を上げることも重要です。

 

 

そして代謝を上げるには体を温め血行を良くする必要があります。

 

 

ダイエットと低体温は意外にも深く関係しているので、ダイエットしても痩せないと悩んでいる人はまずは血流を良くすることを目指してみましょう