低体温と冷え性に違いはあるの?誰でもできる体温を上げるやさしい改善方法

冷え性を実感する人は多くいますが、低体温になる人も多いのではないでしょうか?

 

どちらも同じようなものでは?と思いますが、この二つはどこが冷えるかに違いがあります。

 

冷え性手足の先端に起こる症状ですが、低体温体の中枢が冷えている症状です。

 

手足の先端が冷えるだけであればからだ本来の力でどうにか温めることは可能です。
しかし低体温は体の中枢が冷えている症状なので、自力で温めることができない状態です。
体の中枢は体温計で図ることができません

 

本来は37度前後の温度が保たれているのですが、低体温になることで35度以下まで下がってしまいます。
中枢がそこまで下がると内臓が上手く機能しませんので、自力で体を温めることができません

 

そのため外から温めなければ、低体温症などの症状が発症する可能性もあるのです。
平熱が35度台という人も多くいますが、体温計で図る温度と体の中枢の温度は違います。

 

そのため平熱が35度台だから自分も危ないのでは?と心配する必要はないでしょう。
とは言え平熱が低い状態は冷え性を招きますし、冷え性や低体温を放っておいていい問題ではありません。

 

そのため平熱が低い人体温を上げて改善していきましょう。
体温を上げるには体を温める事が改善への第一歩です。

 

血行を良くすることを第一に、普段から体全体を温めるようにして改善していきましょう。

 

冷え性を改善するサプリ漢方などを服用するとともに不規則な生活習慣を正し、健康的な生活を送ることを心がけてくださいね。