体質改善で冷え性とむくみともお別れ!アラサー女子に共通する悩み

女性は体が冷えやすいため、冷え性だという人も多いと思います。
年齢と共に体は冷えやすくなるので、若くてもアラサー頃から冷え性かな・・と実感する人も多くなってくるでしょう。

 

冷え性は体全身が冷えるので冬は特につらいもの。

 

女子にとってつらいのは冷え性よりも、冷え性によって起こるむくみかもしれませんね。
むくみは特に足に起こりやすく、脚が冷えることによって水分が溜まり、その水分によって足が太くなってしまいます。

 

足を触ってみるとパンパン…という症状があれば、それはむくみかもしれません。

 

むくみは酷くなると痛みを生じることもありますので、このむくみは放っておいていい問題ではありません。
むくみは長時間体を動かさないことで起こりがちですが、冷え性によっても起こります。

 

むくみは長時間体を動かさないことで血の巡りが悪くなり水分が溜まることもあれば、冷え性によって血の巡りが悪くなって水分が溜まることもあるからです。
どちらかの問題によってむくみが発症しますので、ふだんから冷え性を実感している人は冷え性の改善を心がけましょう。

 

体全体を温めることで血の巡りを良くすることができますので、全身に血を行き渡らせること冷えを感じにくい体になります。
それだけでもむくみへの対策はできますが、デスクワークなど長時間動かない仕事をしている人は冷え性改善をしてもむくみを感じてしまうかもしれません。

 

その場合は仕事の合間に少しでもいいので、脚を動かすようにしておきましょう。

 

どうしても足を動かせない場合は着圧ソックスストッキングの着用がおすすめです。

 

冷え性むくみ改善予防する手立てはたくさんあるので、実践できるものから始めてパンパンになりにくい足をつくりましょう。