冷え性と肩こりの深い関係。冷え性をなくすと肩こりはよくなる!?

冷え性体に不調を及ぼします。

 

体の不調には色々なことがありますが、その中には肩こりというものがあります。
肩こりは仕事柄常に感じているという人も多いかと思いますが、実は冷え性によっても起こりうるものです。
ではなぜ冷え性によって肩こりが起こるのかを紹介しましょう。

 

冷え性の人は冷え性ではない人に比べて寒さを実感することが多いと思います。
寒さを実感すると全身に力が入りますので、体全体に負荷がかかります。

特に肩に力を入れる事も多いのではないでしょうか。
冷え性の人は長時間冷えを感じることによって肩にも負荷がかかる状態が続きます。
これによって肩が凝り痛くなってしまうのです。

 

また冷え性の人は血の巡りが悪くなっているので、これによっても肩こりが起こりやすくなります。
そしてこのコリは体全体が冷たいことによってほぐしにくくなりますし、そのコリが冷えによって硬さを増します。

 

冷え性で硬さを増すことでほぐしにくくなるため、肩こりが長時間続きます。
これらが冷え性によって肩こりが起こる原因です。

 

冷え性による肩こりを改善するにはやはり冷え性を改善することが第一です。

 

冷え性の原因でもある不規則な生活習慣を正す事、そして体を温める作用のある栄養素をたっぷりとることが大切です。

 

そして服装も体を温めるようにしっかりと防寒対策をしておきましょう。
肩コリが酷い場合は肩や腰を温めてくれる温感のシールを貼ってケアすることもおすすめ。

 

コリがある部分を温め、マッサージをすることで血流を促してコリをほぐしやすくすることができます。
生活習慣の改善と共に、コリをほぐして血行を良くするようにしましょう。