冷え性はホルモンバランスを乱してしまう。放っておくとこれだけ怖い!

冷え性は不快症状が多いものですが、体内の問題もあります。

 

冷え性は体の内側まで冷えることで血管が収縮してしまうので、血の巡りが悪くなります。
血の巡りが悪くなることで全身に栄養素が行き渡りにくくなるのでお肌や髪に不調が出る恐れがあるのです。

 

それ以外にもホルモンバランス乱れなども冷え性になることで起こる場合があります。
冷え性は自律神経が乱れてしまい、この乱れがホルモンバランスの乱れに繋がります。

 

ホルモンバランスはとても大切なものです。

 

ホルモンバランスが乱れると男性ホルモンが多くなり、女性ホルモンが減少します。
女性ホルモンには精神を穏やかに保つ働きや美肌をキープする働きなどがあります。

 

またホルモンバランスが整っていることで毎月生理を規則正しくこさせることができるので、ホルモンバランスは女性にとって大切な事なのです。

 

ただこのホルモンバランスは複数の原因で乱れやすく、ホルモンバランスが乱れてしまうと肌や髪などの表面的なトラブルから、ストレスや生理不順と言った内側のトラブルも引き起こします。

 

そのためホルモンバランスを乱れさせないように注意しておくことも大切です。
乱れの原因の一つである冷え性も色々な原因で起こります。

 

冷え性ホルモンバランスの乱れ、それぞれが起こることによってどちらかもいずれは併発していくので、どちらかの症状を実感した場合はすぐに改善していきましょう。

 

どちらも不規則な生活習慣によって起こる可能性が高い症状なので、まずは不規則な生活習慣を正し、規則正しい生活を送るようにしてください。