冷え性と便秘と下痢の関係とその改善術とは!!

 

 

冷え性になると手足や体全体が冷たくなってしまうので、それだけで冷え性にとっては寒い時期はツラいですよね。

 

冷え性で眠れないこともありますし、冷えによる不調が起きることもあります。
冷え性による不調には色々な症状がありますが、苦しい症状となるのが胃腸の症状です。

 

例えば、冷え性による便秘や下痢・・
冷え性は全身の血の巡りが悪くなりますので、栄養が体に行き渡りにくくなります。
また体が冷えることで内臓も冷えてしまい、それが胃腸を冷やす事にも繋がります。
胃腸が冷えると胃腸の動きが鈍ってしまい、便秘や下痢に悩むことになってしまいます。

 

 

胃腸のバランスが冷え性による乱れで便秘になることもあれば、下痢になることもあるというわけです。
これは人によってどちらの症状がでるかがことなりますが、これらの症状はどちらにしても辛いのです。
そのため冷え性を改善して、便秘や下痢の胃腸の症状を改善していきましょう。

 

胃腸の乱れを整えるには乳酸菌などの腸内バランスを整えてくれる栄養素を摂ることが大切
そして内臓を冷やさないために体を冷やさないようしっかり防寒することも大切です。
きちんと防寒しても冷えを実感する場合は冷え性改善も行っていきましょう。

 

冷え性のや便秘下痢改善には色々な事ができますが、漢方やサプリなどを使って改善していくことができます。

 

漢方には冷え性を改善していくものがありますので、毎日服用することで冷え性や、便秘、下痢も徐々に改善されていくでしょう。

 

冷え性を改善していくとともに、乳酸菌などの栄養素を積極的に摂取していきましょう。